MENU
記事を書いた人 
アラフィフ兼業主婦のカオルコです。

田舎暮らしで必要に迫られて
ネットショッピングを
利用しまくっている私が、

ネットで買える
美容家電や生活家電を中心に
ご紹介しています!

楽天お買い物マラソン開催中!この時間の目玉商品をのぞいてみる|*´ェ`*)チラッ

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターの違いを比較!電気代は?

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターの違いを比較していきます!

コンベクターヒーターとオイルヒーターの違いは、

  1. 暖める仕組み
  2. 暖まる速さ
  3. 適用畳数(適用する部屋の広さ)
  4. 本体価格

の4つです。

この記事では、デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターについて、

  • 同じデロンギでも見た目が違うけど、どう違うの?
  • どう使い分けたらいい?
  • 電気代はどのくらいかかる?

などの疑問や不安を解消していきます!

詳しく見ていきましょう♪

↓マルチダイナミックヒーターとオイルヒーターの違いを比較したい方はこちらをどうぞ

タップしてジャンプできる目次

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターの違いを比較

コンベクターヒーターとオイルヒーターの主な違いは、

  1. 暖める仕組み
  2. 暖まる速さ
  3. 適用畳数(適用する部屋の広さ)
  4. 本体価格

の4つでした。

ひとつずつ詳しく解説しますね。

暖める仕組みの違いを比較

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターは、内部の仕組みが違います。

コンベクターヒーターの見た目は、ツルンとしたパネル1枚のみとシンプル。内臓の電気ヒーターがパネル全体を温めます。

冬の窓際って、冷たい空気がしんしんと入り込んできて寒いですよね。

コンベクターヒーターなら、上方への対流を生むため窓際からの冷気をシャットアウトしてくれます!

一方、オイルヒーターは細長いパネルが何枚も並んだ形状をしています。

パネルの内側にはオイルが充填されています。パネル内のオイルを電気で温め、パネルから熱を発し部屋を温める仕組みです。

暖まる速さの違いを比較

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターでは、お部屋を暖める速さに差があります。

コンベクターヒーターは、8畳の場合最短約16分で部屋が暖まります。

画像出典:デロンギ公式サイト
カオルコ

狭い範囲を素早く温めるのに向いていますね。

また、ヒーターの温度が上がりすぎないよう制御する機能も持っているんです!

早さと安全性を兼ね備えているので小さなお子様やペットのいるご家庭でも安心です♪

それに対してオイルヒーターは、一気に暖めるのではなく少しずつ空間全体を快適な温度に近づけるといったイメージです。

画像出典:デロンギ公式サイト
カオルコ

ただ温度を上げれば良いのではなく、過ごしやすい温度を長時間保ちたい人におすすめです!

オイルヒーターは部屋全体を暖めるのに時間がかかりますが、そのぶんタイマー機能で補うことができます。

画像出典:デロンギ公式サイト

24時間タイマー機能付きモデルでは、暖める時間帯と電源を切る時間帯を生活に合わせて調整することができます♪

例えば、

  • 朝目覚める時間にはスイッチオン
  • 日中家にいない間はスイッチオフ
  • 帰宅時間に合わせてスイッチオン

など、あらかじめ暖める時間帯と電源を切る時間帯を設定しておけば、いつでも自動で好みの温度に調整してくれるんです!

寒くて布団から出たくない…家に帰ったばかりだと寒くて凍える…。

そんなお悩みともおさらばできそうです!

ライフスタイルに合わせて、快適な暖房空間を作りたい人にはぴったりですね♪

適用畳数(部屋の広さ)の違いを比較

コンベクターヒーターオイルヒーター
8〜10畳8畳〜13畳
1〜3畳の小型タイプも。

デロンギコンベクターヒーターの適用畳数は8~10畳。寝室や子ども部屋にちょうど良い大きさです。

また、10畳以上の広めのお部屋で、窓際など特に冷える箇所で補助的に使っても良いですね。

一方、オイルヒーターの適用畳数は3畳~13畳まで。モデルによって幅広く対応しています。

小型のものだと脱衣所やトイレなど3畳以下のお部屋に使えるものもあります。

どんな広さの空間でもしっかり暖めることができますね!

本体価格の違いを比較

デロンギコンベクターヒーターは、オイルヒーターよりも本体価格が高くなっています。

コンベクターヒーターのお値段は3万4千円前後(2021年10月現在)。

DeLonghi(デロンギ)
¥34,800 (2021/10/06 13:59時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahoo!ショッピングで探す

一方、オイルヒーターは、脱衣所やトイレなど1〜3畳の狭い場所で使うためのミニオイルヒーターがあり、こちらは1万円前後で購入できます。

8〜10畳用のモデルでは、2021年発売の最新型「ヴェルティカルド」でも2万円強のお値段です。

初期費用を抑えるにはオイルヒーターのほうがよさそうですね。

DeLonghi(デロンギ)
¥9,818 (2021/10/04 09:29時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahoo!ショッピングで探す

*価格はすべて2021年10月現在

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahoo!ショッピングで探す

もちろん小さめのサイズだと安く、大きめや最新モデルだと高くなります。

電気代の違いを比較

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターの電気代はほぼ同じです。

「通常運転」か「ECO運転」かによって電気代が変わります。

↓コンベクターヒーターとオイルヒーターの電気代

ECO運転通常運転
8畳10.6円/1時間12.7円/1時間
10畳14.0円/1時間18.2円/1時間
デロンギ公式サイト より

*【シミュレーション条件】建物の構造・断熱性:RC集合住宅・新省エネ基準(Ⅳ地域)に適合 運転時間:9時間(リビング:13時~22時、勉強部屋:13時~22時、寝室:22時~翌7時)外気温:拡張アメダスデータに基づいた東京の12月上旬の気温/照明や人体の発生熱などを考慮/1kW/時の電気代は27円で計算 (2020年7月現在)

当然ですが、シンプルに適用畳数が大きいほど電気代は上がります。

また、エコモード搭載モデルを選べば電気代を抑えることができます!

電気代を抑えたい場合は、適用畳数やエコモードの有無に注目してみましょう。

デロンギコンベクターヒーターはこんな人におすすめ

画像出典:デロンギ公式サイト

デロンギコンベクターヒーターはこんな人におすすめです♪

窓際の冷気をシャットアウト♪
コンベクターヒーターをおすすめしたい人
  • お部屋を早く暖めたい
  • 窓からの外気が気になる

デロンギコンベクターヒーターは、8畳のお部屋を最短16分で暖めてくれます。

また、窓際に置けば外から入ってくる冷気をシャットアウトしてくれます。

↓お部屋がすぐに暖まるコンベクターヒーターはこちら♪

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahoo!ショッピングで探す

デロンギオイルヒーターはこんな人におすすめ

画像出典:デロンギ公式サイト

デロンギオイルヒーターはこんな人におすすめです♪

用途が広いのはオイルヒーター♪
オイルヒーターをおすすめしたい人
  • お部屋全体を最適な温度で快適に暖めたい
  • 脱衣所、トイレなど狭い場所で使いたい
  • 本体価格が安いほうが良い

オイルヒーターは、部屋を暖めるのに時間はかかりますが、お部屋全体をほんのりと快適に暖めてくれます。

また、タイマー設定をしておけば帰宅時にお部屋を暖めておくことができますよ。

↓本体価格が安いのはオイルヒーター♪

↓オイルヒーター2021年新発売ヴェルティカルドの口コミを見てみる

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターの違いを比較 まとめ

デロンギコンベクターヒーターとオイルヒーターの主な違いは、

  1. 暖める仕組み
  2. 暖まる速さ
  3. 適用畳数(適用する部屋の広さ)
  4. 本体価格

の4つでした。

また、電気代についてはコンベクターヒーターとオイルヒーターで大きな差はないため、お部屋の広さやエコモードの有無で選ぶのが良さそうです!

お部屋をなるべく速く暖めたい方や窓からの冷気が気になる方にはコンベクターヒーターがおすすめです。

↓お部屋がすぐに暖まるコンベクターヒーターはこちら♪

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で探す
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahoo!ショッピングで探す

一方、脱衣所やトイレなど小さめの部屋で使うことをお考えの方や、本体価格をなるべく抑えたい方におすすめです。

↓本体価格が安いのはオイルヒーター♪

↓マルチダイナミックヒーターとオイルヒーターの違いを比較したい方はこちらをどうぞ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップしてジャンプできる目次
閉じる