MENU
記事を書いた人 
アラフィフ兼業主婦のカオルコです。

田舎暮らしで必要に迫られて
ネットショッピングを
利用しまくっている私が、

ネットで買える
美容家電や生活家電を中心に
ご紹介しています!

\ 抽選で最大全額ポイントバック! /詳細を見る

日立衣類乾燥機DE-N60HVとDE-N60WVの違いを比較!電気代はどちらがおトク?

今回は日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)とDE-N60WV(2015年発売)の違いを詳しくご紹介します!電気代の違いも比較しました。

日立衣類乾燥機DE-N60HVとDE-N60WVの主な違いは以下のとおりです。

主な違い
  • 「低温乾燥コース」の有無
  • 運転時間の選択肢
  • 表面の抗菌加工の有無

大きな違いは低温乾燥コースの有無抗菌加工の有無です。

その他の基本機能や消費電力に違いはありません。

2015年発売のDE-N60WVは、長らく日立の衣類乾燥機としてロングセラーを誇ってきました。

カオルコ

今でも楽天市場の衣類乾燥機ランキングに入賞している現役の売れ筋商品です!

>> 楽天の衣類乾燥機ランキング【最新版】を見てみる

それが今回7年ぶりにリニューアルされたということで、どんな違いがあるのか気になりますね。

それぞれどんな方に向いているのかも併せてお伝えしますので、悩んでいる方の参考にしていただけたら幸いです♪

↓デリケートな衣類も乾燥できて、抗菌もできるDE-N60HVはこちら♪

↓シンプルで使いやすいDE-N60WVはこちら♪

タップしてジャンプできる目次

日立衣類乾燥機DE-N60HVとDE-N60WVの違いを比較

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年)とDE-N60WV(2015年)の主な違いは3つです。

主な違いは?
  • 「低温乾燥コース」の有無
  • 運転時間の選択肢
  • 表面の抗菌加工の有無

ひとつずつ詳しくみていきますね。

DE-N60HVには「低温乾燥」コースあり

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)には新しく「低温乾燥コース」ができました。

低温乾燥は靴下や薄手のセーターなどの、縮みやすいデリケート衣類を65℃の低温で乾燥することができる機能です。

日頃からデリケートな生地のお洋服を着ている方や学生のご家族がいる方には、とっても便利な機能ですね。

DE-N60WVは運転時間の選択肢が多い

日立衣類乾燥機DE-N60WV(2015年発売)は、運転時間が15分・30分・60分の3つから選べます。

↓DE-N60WVの操作パネル

画像出典:日立公式サイト

一方、DE-N60HV(2022年発売)は選択できる運転時間が15分・60分の2種類となっており、そのかわりに「低温乾燥」が選べるようになっています。

↓DE-N60HVの操作パネル

画像出典:日立公式サイト
カオルコ

運転時間をきめ細かく指定したいならDE-N60WV(2015年)のほうがいいですね♪

DE-N60HVは抗菌仕様

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)は清潔さを意識したつくりで、手がよく触れる場所には抗菌加工が施されています。

菌などが気になるこのご時世ですので、毎日のように使用するものは清潔に保ちたいところですよね。

↓デリケートな衣類も乾燥できて、抗菌もできるDE-N60HVはこちら♪

↓時間を選択するだけ!シンプルで使いやすいDE-N60WVはこちら♪

日立衣類乾燥機DE-N60HVとDE-N60WVの電気代を比較

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)とDE-N60WV(2015年発売)の電気代はそれぞれ以下のとおりです。

電気代はどちらも変わりがないですね。

型番消費電力1日1時間使用1日1時間使用で1ヶ月
DE-N60HV1180W(強使用時)36.58円1097.40円
DE-N60WV1180W(強使用時)36.58円1097.40円

※『全国家庭電気製品公正取引協議会』が電力料金目安として出しているのは1kWhあたり31 円。これを以下の計算式に当てはめて計算を行います。

【消費電力(W)÷1,000×電気代単価(円/kWh)=1時間あたりの電気代(円)】

カオルコ

どちらの消費電力も同じですので、電気代に差はありません。

↓デリケートな衣類も乾燥できて、抗菌もできるDE-N60HVはこちら♪

↓シンプルで使いやすいDE-N60WVはこちら♪

日立衣類乾燥機DE-N60HVとDE-N60WVどっちがおすすめ?

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)とDE-N60WV(2015年発売)の大きな差は低温乾燥コースの有無と抗菌加工の有無です。

どちらの商品がどんな方におすすめなのかご紹介しますね。

日立衣類乾燥機DE-N60HVがおすすめな人

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)がおすすめなのはこんな人です。

衣類の種類によって分けて乾燥したい人に♪
DE-N60HV(2022年発売)がおすすめな人
  • デリケートな生地のお洋服が多い
  • 触れる部分は抗菌仕様が良い
  • 物によってしっかり分けて乾燥させたい

表面はしっかりと抗菌加工がされているので、清潔さに考慮されたデザインでとても安心できますね♪

DE-N60HVは低温乾燥機能があるため、デリケートな生地のお洋服が多い方には特にぴったりの商品です。

↓デリケートな衣類も乾燥できて、抗菌もできるDE-N60HVはこちら♪

日立衣類乾燥機DE-N60WVがおすすめな人

日立衣類乾燥機DE-N60WV(2015年発売)がおすすめなのはこんな人です。

シンプルで簡単に使いたい人に♪
DE-N60WV(2015年発売)がおすすめな人
  • より少ない操作で乾燥をスタートさせたい
  • シンプルな使い勝手がいい

DE-N60WVは、「これっきりボタン」という機能がついているため、電源を入れて、ボタンをひとつ押すだけで簡単に乾燥を始めることができます!

ポチッと押すだけで楽に乾燥が始められるので、忙しい朝にパパッと使いたいという方にもピッタリですね♪

↓シンプルで使いやすいDE-N60WVはこちら♪

日立衣類乾燥機DE-N60HVとDE-N60WV共通の機能や特長

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)とDE-N60WV(2015年発売)に共通しているのは以下の4点です。

共通の機能は?
  • ハッチコースと選べる3つのコース
  • 選べる乾燥方法
  • シワを防ぐふんわりガード
  • 除菌コース

ひとつずつ詳しくご紹介しますね。

運転コースの共通点

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年発売)とDE-N60WV(2015年発売)はどちらも、風乾燥はもちろんのこと、「干す前コース」が使用できます!

干す前コースは、洗濯物の脱水後に簡単なシワ取りができるコースです。

吊り干しをする前に、乾燥機で簡単にシワ取りをすることで、干した後のシワを極力減らしてくれます♪

衣類に合わせてヒーター&風乾燥を選べる

前述の風乾燥は、生乾きの洗濯物の仕上げや熱に弱いデリケートな生地のお洋服を乾燥する際に使用できます!

カオルコ

デリケートなお気に入りのお洋服も楽に乾燥しつつ、ケアできるのが嬉しいポイントですよね♪

ふんわりガード運転でしわを防ぐ

せっかく乾燥機をかけても、忙しくてすぐに出せなかったり、忘れてた…なんてこともありますよね。

ふんわりガード運転は、乾燥終了後も取り出すまで約5分ごとに送風運転してくれます!

カオルコ

すぐに出すことが出来なくても、シワを防ぎふんわり感を保ってくれるありがたい機能ですね♪

除菌乾燥コースは高温でスッキリ

除菌乾燥コースは約75℃の高温で長く保ち、ヒーター乾燥をさせることで、衣類の除菌をしてくれます!

一日中身につけるお洋服、可能な限り清潔に気持ちよく着たいですよね。

手軽にお洋服を除菌することができるのが、便利な機能です。

↓デリケートな衣類も乾燥できて、抗菌もできるDE-N60HVはこちら♪

↓シンプルで使いやすいDE-N60WVはこちら♪

日立衣類乾燥機DE-N60HVとDE-N60WVの違いを比較 まとめ

日立衣類乾燥機DE-N60HV(2022年)とDE-N60WV(2015年)の違いについて、ご紹介しました!

大きな違いは3つ。

主な違い
  • 低温乾燥コースの有無
  • 運転時間の選択肢
  • 表面の抗菌加工の有無

デリケートな生地のお洋服を乾燥させたい方は低温乾燥コースのあるDE-N60HV(2022年)が向いています。

また、DE-N60HV(2022年)は抗菌加工もしてあるので安心ですよね。

一方、「これっきりボタン」でシンプル操作が良いという方はDE-N60WV(2015年)のほうが向いています。

カオルコ

型落ちのDE-N60WVはまだまだ現役とはいえ7年も前の機種ですので、私が今から新しく購入するなら新商品のDE-N60HVのほうがいいですね。

↓デリケートな衣類も乾燥できて、抗菌もできるDE-N60HVはこちら♪

↓シンプルで使いやすいDE-N60WVはこちら♪

コメント

コメントする

タップしてジャンプできる目次